遊び過ぎた代償にクラミジア|すがる思いでジスロマックに頼る

ジスロマックはクラミジアを予防もできるって本当!?

様々な診療科で活躍をしている抗菌剤のジスロマックですが、性感染症のクラミジアを治療するには最適なのは有名なことです。
さらにこの抗生物質の最大の特徴である、一回の服用で体の中に長くとどまる性質を持っていることから、性病の感染予防などで使用されている方も多いのです。
実は日本は先進国の中でも性感染症大国で、クラミジアはその中でも一番感染者が多いのです。
なぜ感染者が多いのか、それは感染していることに本人が気づきにくい病気だからなのです。
感染していることに気づかないまま、また他の人へうつしてしまっているのです。
ジスロマックにはアジスロマイシン水和物という有効な成分が含まれており、このアジスロマイシンが細菌の増殖に必要なタンパク質を抑え込んでくれるのです。
タンパク質がないことによって、細菌が増殖できず、自然に減少していき最終的には死滅するのです。
細菌そのものに対して作用しないので殺菌的とは言えませんがその分副作用も少なく自然に病原菌を死滅させてくれるので安心して服用できます。
ジスロマックは、妊婦や小児などでも服用することが出来、妊婦の健診でクラミジアが見つかった場合などは処方されることが多くなっています。
他にも長く体にとどまることから、性病になりやすい風俗などに行く前に服用し予防薬として使用していたりと、多くの場面で活躍しています。
実はこの抗生物質のほかにも、同じ性感染症にしようされている抗菌剤があります。
それはクラビットで主の成分はレボフロキサシン水和物です。
ニューキノロンに分類される抗生物質で、この治療薬も性感染症などに処方されることが多いです。
クラビットは他にも、マイコプラズマなどでも活躍し、小児用の場合は同じニューキノロン系のオゼックス小児用とが処方されます。
クラビットも様々な診療科で活躍しており、眼科などでは点眼薬などで使用されています。
抗菌剤は細菌に対して活用できますが、ウィルス感染に対しては効果が期待できません。
しかし、インフルエンザなどで細菌による二次感染の場合は処方されることもあるのです。
抗菌剤は様々な種類がございますが、性病予防もできるものも実はあることを覚えておきましょう。